FC2ブログ

当選したらこうなった(^_^;) といた和之の活動日記

落選してバッジが付いてなかった議員が当選すると・・・どうなるか!戸井田 和之の日々の奮闘日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

茨城県「臨時議会」復旧復興予算が議決されました。

写真は投稿を控えていた、9月の関東・東北豪雨により甚大な被害に遭った常総市の悲惨な状況です。家が流されて全壊したり浸水して被害に遭った状況の写真は差し控えます。何故、未だ復旧復興の最中に投稿したかと言うと、昨日は茨城県議会「臨時議会」が開かれ復旧復興予算を議決しました。

人的被害は死傷者57名、家屋全壊51棟、大規模半壊1112棟、半壊2964棟、断水・停電は、1万2000軒以上であります。浸水により家屋に取り残され、ヘリコプターやボートで救助者は4258名が助けられました。農業関係では「119億円」商工業関係では「201億円」もの想像を絶する被害が出ました。

県は、早急に復旧復興向けて予算を投じる為に、一般会計と企業会計を合わせて「142億6200万円」の補正予算を上程し議会が議決いたしました。県は全力を上げて様々な今までにない支援施策を打ち出しました。例を挙げれば住宅応急修理など、これまで認められなかった所得制限による半壊世帯へも支援拡充したり、農業用機械の取得や修繕にも支援を拡げました。

被災した中小企業やお店などに、仕事を再開や継続してもらえるように経費を負担したり、資金繰りが円滑に進められる様に、新規融資枠を「30億円」確保しました。河川・道路や農業用施設等、災害対応公共工事費「88億9000万円」を予算を確保する等、全力を尽くす支援体制であります。

しかしながら、国の法律の関連で支援できない部分もあるのも事実であります。被害に遭った家を応急修理してお金を払ってしまった家には補助出来ず役所が指定した業者が修理をした場合には、被災者ではなく業者にお金を支出するので、自分で修理してしまった家にはお金がもらえないのです。

また、浸水により被害に遭った家が、1メートル以上だったらお金が出るが、それ以下で浸水に遭っても1円も支援してくれない、などの法を改めて改正しなければならない問題がある事も事実なのであります。これから様々な課題も克服して復旧復興に頑張りたいと思います。

皆さんも出来る事がありましたら応援して下さい。よろしくお願いします。

平成27年9月関東・東北豪雨 常総市①
平成27年9月関東・東北豪雨 常総市②
平成27年9月関東・東北豪雨 常総市③
平成27年9月関東・東北豪雨 常総市④
平成27年9月関東・東北豪雨 常総市⑤

| 活動日記 | 07:35 | コメント宜しくお願いします!comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://toita.jp/tb.php/1592-626c3ec2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT