FC2ブログ

当選したらこうなった(^_^;) 茨城県議会議員「といた和之」の活動日記

落選してバッジが付いてなかった議員が当選すると・・・どうなるか!戸井田 和之の日々の奮闘日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【監査】石岡警察署。

監査委員に就任してから、早いもので10か月が経とうとしておりますが、今更ながら大変な職責であり、重責だと思っておりますから、監査準備もしっかりと時間を費やして監査に臨んでいます。

県庁内の内部監査も殆どが終わりまして、現在は茨城県出先機関の監査をしておりますので、県内を飛びまわっています。

今回は「石岡警察署」の監査を行いました。監査で質問質疑をした内容は、以下の通りでありました。

①人身安全関連事案の取扱件数について。
②児童虐待事案の取りくみについて。
③児童相談所と児童虐待事案の連携について。
④生活安全課が対応する児童虐待案件の警察署員の人員不足について。
⑤高水準で推移する自動車盗の抑止及び検挙の徹底について。
⑥トラック・ダンプ・ユニック・トラクター・建設重機等が盗難に遭った際の現状について。
⑦防犯カメラの設置場所の把握及び設置促進並びに初動捜査について。
⑧交通事故の実態や地域の実情を踏まえた効果的な交通安全対策の推進について。
⑨地理情報シ ス テ ム ( GIS)等により把握 ・分析した交通事故の発生実態について。
⑩交通事故発生場所の道路管理者との情報の連携について。
⑪災害発生時の冠水発生場所の道路管理者への情報提供について。
⑫石岡警察署の人口1万人あたりの警察官の負担率が高い事による、定員数の在り方について。
⑬議員通常選挙における不在者投票特別経費について。
⑭刑事警察費の不足について。
⑮茨城空港の警備体制について。
⑯テロ対策等について。
⑰空港税関での検挙実態や事案の内容について。

以上が、石岡警察署への監査の質問質疑の内容でした。

流石に警察官が捜査や保護等に現場で当たられている為、実情や課題を的確に捉え、現状の課題や捜査上の苦労されている状況が把握出来まして、改めて警察官の皆様に私たちは守られている事を実感しました。

監査の中でも良く解った事は、警察官の人員不足は深刻なものでした。警察官数が足りなかったから助けられなかった。事件の防止が出来なかった。犯人を検挙出来なかった。などのような事は許されません。その為には警察官の人員増は更に取り組まなけれなりません。

この為にも、監査の立場ばかりでなく議員としても力を入れなければならない!と感じました。この他にも、捜査現場や保護現場等での警察官の苦労に対しての職責処遇の改善についても真剣に取り組んであげなければならないと痛感しました。

監査委員は、何か粗を探しているのではないか。と言われる方もいらっしゃいますが、その場その場での監査で現状を把握して改善をさせるばかりではなく、改善をしてあげていく立場でも有る事を、つくずく思いました。

※監査講評:指摘・指導・注意事項無し。
注:警察官の立場上画像には処理を入れております。

【監査】茨城県警石岡警察署長①_R
【監査】茨城県警石岡警察署長②_R
【監査】茨城県警石岡警察署長③_R
【監査】茨城県警石岡警察署長④_R
【監査】茨城県警石岡警察署長⑤_R
【監査】茨城県警石岡警察署長⑥_R
【監査】茨城県警石岡警察署長⑦_R

| 監査委員会 | 07:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT