FC2ブログ

当選したらこうなった(^_^;) 茨城県議会議員「といた和之」の活動日記

落選してバッジが付いてなかった議員が当選すると・・・どうなるか!戸井田 和之の日々の奮闘日記です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【監査】「茨城県行方県税事務所」

茨城県の出先機関の「監査」も県内各地に赴きまして行政監査を行っておりますが、指摘するものばかりでなく、各現地に於いての困窮事情等も理解出来まして、本当に勉強になります。

今回の監査に赴いた場所は「茨城県行方県税事務所」 でありまして、質問・質疑をした内容は、以下の通りであります。

①行方県税事務所の施策体系や組織図の在り方について。
②課税第一課とか、課税二課といった県民に何の仕事をしているのか解りづらい、課名の在り方について。
③次長総務課長や職員が、鹿行農林事務所、行方農業改良普及センターとの兼務職員になっている理由について。
④軽油引取税の脱税防止の為の、鹿嶋市の国道で軽油の路上採取した内容と結果について。
⑤県賦課徴収分徴収対策の中での、差押えした、預貯金、自動車登録等 774 件について。
⑥差押えの為の、タイヤロックの内容について。
⑦各市に交付される、個人県民税徴収取扱費交付金の積算根拠について。
⑧収入に関する業務の実績成果の概要の中で、約46億円増収になった理由について。
⑨県税滞納処分停止状況調の中での、執行停止した際の通知の在り方について。
⑩地方税法の考え方について。
⑪補助金及び委託料等調の中での、特別徴収義務者に交付した交付金の記載漏れの理由について。
⑫キャッシュレス電子収納の取り組みについて。

以上が「行方県税事務所」に於いて監査した質問・質疑の内容でした。

納税は国民の義務と言えども、様々な事由・理由等により、税金が納められず滞納してしまう事があるとは思いますが、やはり納税の公平公正の観点から、県税事務所の職員は税徴収に努力されている事が理解出来ました。

滞納整理等や差押えする際の苦労は並み大抵の事ではないと思います。その中で、徴収方法等の工夫や山積する課題の解決に向かって職務遂行にあたられている姿がみられまして、感謝の意を表しました。

しかしながら、まだまだ改善する余地は残っており、更に税徴収等に励んで頂だけなければなりません。県民の方々に納税の大切さを理解してもらえる様に、尚一層頑張って頂きたいと思いました。

そして私も、県民の方々から「私たちの税金を無駄に使わないように。」と言われないように、頑張って行く事をお誓い申し上げます。

※監査結果:指導・指導・注意事項無し。

【監査】「茨城県行方県税事務所」 (1)_R
【監査】「茨城県行方県税事務所」 (2)_R
【監査】「茨城県行方県税事務所」 (3)_R
【監査】「茨城県行方県税事務所」 (4)_R
【監査】「茨城県行方県税事務所」 (5)_R
【監査】「茨城県行方県税事務所」 (6)_R
【監査】「茨城県行方県税事務所」 (7)_R
【監査】「茨城県行方県税事務所」 (8)_R
【監査】「茨城県行方県税事務所」 (9)_R
【監査】「茨城県行方県税事務所」 (10)_R

| 監査委員会 | 06:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT